「イコロの森ミーツ・アート2019」 -森の野外美術展- 


開催概要: イコロの森は、新たな可能性の探求を目指して、現代アートの野外美術展を2019年より開催致します。

テーマは「共生Symbiosis」。地球温暖化、環境破壊といった切迫した現代に環境アート

(生活環境と自然環境とアート)の在り方を問いかけます。
※イコロとはアイヌ語で「宝物」を意味します。

 

■会期:2019年9月21日(土)-9月29日(日)
※公開制作/公開設置 2019年9月14日(土)~20日(金)
■会場:イコロの森「森の学校」周辺 雑木林エリア
○主催:イコロの森ミーツ・アート実行委員会
○共催:イコロの森
○協賛:渡辺パイプ株式会社
○運営協力:森の学校(NPO法人いぶり自然学校)寿珈琲

イコロの森 059-1365 北海道苫小牧市植苗565-1
phone 0144-52-1562

http://www.ikor-no-mori.com/

Forest Garden Ikor Meets Art 2019

Date September 21st-29th .2019

Location Forest garden of “ikor” in Tomakomai Hokkaido 

Toshihiko Shibuya holds an exhibition looking for new possibility

in the forest garden of “ikor”.

The name of this exhibition is Forest Garden Ikor Meets Art 2019.

Japanese name is Ikor-no-mori Meets Art.

‘Ikor’ means treasure in Ainu. Ainu are indigenous peoples living

in Hokkaido.

The theme is Symbiosis.

I ask it about the way of the environmental art (living environment,

natural environments and contemporary art ) in global warming,

the urgent present age such as the environmental disruption.

Artist: Fumihiko Hishino, Hiroaki Suetsugu, Manabu Hangai,

Shuichi Nakamura, and Toshihiko Shibuya            

 

Exhibition Duration

September 21-29,2019 17-28 Publication of work installation

「Generation 6 起源・発生」 origin・birth

 

ここイコロの森は、樽前山の幾度と繰り返された噴火の火砕流のため、火山灰大地となり、その上に積もった薄い土の層が堆積しています。ここで育つ木々は、巨木化する前に広く深く根を張ることが出来ず、自らの重みに耐えられなく倒れる運命なのです。この土地は「宝物」という意味のアイヌ語から「イコロ」と名付けけられておりますが、樹木にとっては、実は厳しい自然環境なのです。

倒木更新が通常の森よりも早いスパンで繰り返されてきたこの森では、その様子を見ることが出来ます。この土地で「生命循環」をテーマにしたGenerationシリーズを発表することは、大きな意義あることと思います。

 私は既存の製品(日常品)を、ある種の法則にのっとって配置することによって、目的の異なるオブジェに変容させます。今回主に用いるマップピンは、ある種の両生類や昆虫が産み付けた生殖卵、またはある種の菌類、粘菌に見立てます。あるものは倒木の表皮の隙間に、あるものは自生するきのこに寄り添うように、存在させてみました。自然界の姿そのままに、作品を自然と対置させるのではなく、共存・共生するが如く、ひっそりと設置しました。今回はオレンジ、ピンク、ホワイト、ブルーのマップピン約1500本と黄色いゴルフティを用いました。私は自らのインスタレーションを「マイクロワールド オブ ランドアート」と名付けました。広い空間で展開させますが、鑑賞者は至近距離で観察するように鑑賞するためです。自らの営みやそれをとりまく環境に出会い直す媒介としてどう機能するかを、改めて問い直します。足元の小さな自然を見つめ直し、人間のこれからの在り方を問うための装置として機能することを願います。

 

“Generation 6” origin-birth Toshihiko Shibuya work

This area is the volcanic ash ground that erupted Mt.Tarumae. And a thin soil layer was deposited on the volcanic ash ground. When trees grow large, they fall down, because of their own weight. The reason is that trees cannot grow deeply their roots.

In this region, the natural circulation occurs at a faster cycle than normal forests.
I feel the significance of installing works in this area.

 

My art installation is Micro world of Land Art.

New work is “Generation 6 origin-birth”

My works are inspired by the Circulation of life by installing about 1500 individual pieces which are spherical tiny white, blue, pink and orange pushpins and yellow golf tees. I evoked images of spawning life. They should be looked as the mass of eggs or spores deposited by fish, amphibians, molluscs, mushrooms, fungi or slime molds. The law of “natural cycles” has begun to be lost little by little. I question again how my artwork performs as media to re-encounter the environment surrounding me and my life, rather than just placing the artwork to against nature.   

 

Design boom (イタリア)

https://www.designboom.com/art/toshihiko-shibuya-micro-world-of-land-art-ikor-forest-japan-10-18-2019/

クールハンティング(NY)

https://coolhunting.com/culture/toshihiko-shibuyas-tiny-art-resembles-blossoming-life/?fbclid=IwAR0w0o6FyfxE_Mhmj–qTXlmXUo3bfWK49bhk-ouQLPIoEEVNrG2Ngv9T4A

USA news hub (ワシントン)

http://www.allusanewshub.com/2019/10/18/toshihiko-shibuya-installs-1500-push-pins-in-a-japanese-forest-to-evoke-spawning-life/?fbclid=IwAR3Eg31VC-FWRYvoNcvR56VHCtCXAJjroWdmHBo6purbYXlpCIyQz_2sMzg

Art Booms(イタリア)

https://www.artbooms.com/blog/toshihiko-shibuya-generation-ikor-no-mori-tomakomai

澁谷俊彦個展 -起源・発生- 
White Generation origin-birth

Date 2019年令和元年7月17日(水)-7月28日(日)
       ※22日(月)23日(火)は休廊 AM10:00-PM6:00 
Location 茶廊法邑 札幌市東区本町1条1丁目8-27 011-785-3607

https://www.artbooms.com/blog/toshihiko-shibuya-serie-white-generation-mostra-houmura-gallery-sapporo

札幌にある法邑ギャラリーでは、澁谷俊彦の個展がはじまったところだ。展示は「White Generation  origin-birth」と題され、新旧の作品が紹介されている。そのなかには、今回のために実現した「White Generation」シリーズの連作も含まれる。この作品は、澁谷自身が木材を集め、それを白く塗り、球状のマップピンで覆ったものだ。その数は1つのオブジェに約800ピース。

日本人作家である澁谷俊彦が、すべての自作品において表現しているのは、再生、そして生まれ変わりながらその先へ行く生命のもつ力だ。作品は自然そのもので、静かで控えめとも言える制作において作者に委ねられているのは、ただ呼び起こすという任務であり、なかでも強調されるのは、習性や迂闊さによって盲目となってしまった私たちが目の当たりにする、いつも同じに、そしていつも違って繰り返される神秘的な光景なのだ。

 

 これについて澁谷は、夏でも北海道の雪深い冬でも、屋外での活動で本領を発揮している。とはいえ、本展に展示されている作品は、屋内と屋外の長所を併せ持っているように思われる。作家が集めた枝や幹は、複雑で生き生きとしたフォルムをもって選ばれているが、なにより幾層にも積み重なった木肌はその姿を保ったままだ。こうした苔や蓄積物、様々な起伏こそが、この白い色によって化石か原始時代に刻みをいれた岩のようにもみえるこのオブジェの魅力をより豊かなものにしているのだ。

 マップピンは、五線譜上の音符のように、樹皮によってひかれた線の上にばらばらと広がっている。アーティストが打ちこんだピンは、一連の「White Generation」のシリーズ新作だけで、1基の木材に約800個にもなる。

澁谷俊彦は言う。「この手法で、私は広がりゆく生命のイメージを呼び起こしました。これらは魚や、両生類の堆積した卵のかたまりのように、または貝類、キノコ、カビであるかのように見えることでしょう」

 

澁谷の全ての作品とおなじく、これらの作品もノスタルジックといえる方法で、とあるメッセージを秘めている。「”自然の循環”という摂理は、いまや少しずつ失われて始めているのです!」そう繰り返しているのだ。

 澁谷俊彦個展「White Generation origin-birth」は、法邑ギャラリーにて今月28日まで展示されている。

                                                                                                       -ART BOOMS イタリア語の翻訳文より-

My solo exhibition “White Generation origin-birth” at Houmura Gallery in Sapporo displays new works and another series of work “White Collection”. These new works are inspired by the Circulation of life by installing around 800 individual pieces ×7 objects which are spherical tiny white pushpins on the natural wooden objects that painted in white. I evoked images of spawning life. They should be looked as the mass of eggs or spores deposited by fish, amphibians, molluscs, mushrooms, fungi or slime molds. The law of “natural cycles” has begun to be lost little by little. I question again how my artwork performs as media to re-encounter the environment surrounding me and my life, rather than just placing the artwork to against nature.
Exhibition Duration
July 17-28 ,2019

White Generation 2019   origin-birth

Northern Arts Collaboration 2019 -A new Case- in Tampere Finland

Contemporary Art from Japan and Scandinavia

Commemorative Art Exhibition for 100 Years of Finnish -Japanese Friendship

Date January 6th -24th.2019

Location Gallery Ronga in Tampere Finland 

https://www.instagram.com/galleria_ronga/

https://www.facebook.com/GalleriaRonga/

 

First Northern Arts' exhibition PREMIERE in Tampere, Finland

Commemorative exhibition for the 100TH ANNIVERSARY of Finnish - Japanese Friendship

 

◆Toshihiko Shibuya(Jp)◆Takuya Yonezawa(Jp)

◆Hanna Makkonen(Fi) ◆Heta Laitakare (Fi)◆Ikuko Maeda (Jp)◆Inka Yliharsila(Fi) ◆Marje Viitala (Fi)◆Natsumi Sato(Jp)

コンセプトは「生命循環」。私のこの作品は既存の製品(日常品)を、ある種の法則にのっとって配置されることによって、目的の異なるオブジェに変容させます。自然界の姿そのままに、寄り添うように共存共生を強く意識して、設置されます。5基のコルクの天然木を支持体に約500ピース×5基を埋め込みました。これらはある種の両生類、昆虫の生殖卵、または変形菌などの菌類の増殖、繁殖のさまをイメージしたものです。

         

 “White Generation” is inspired by the Circulation of the life.

Usually, the “Generation series” is land art.

These works are inspired by the Circulation of the life by installing each about 500×5objects spherical tiny white pushpins on the natural wooden objects that painted white color. I evoked images of spawning life.

You must look them the mass of eggs deposited by fish or amphibians or molluscs, or mushrooms, fungi, slime molds.

The law of “natural cycles” has begun to be lost little by little. I question again how my artwork performs as media to re-encounter the environment surrounding me and my life, rather than just placing the artwork to face nature.                              

I think that this is the device for you to rediscover small nature of under your feet.

「新たに生まれ変わる命を呼び起こすために、プッシュピンで三位一体を描く、澁谷俊彦の“ キリスト降誕図”

https://www.artbooms.com/blog/toshihiko-shibuya-white-genereretion-2019-gallery-ronga-finlandia?fbclid=IwAR1KxXmQiUOiGFIIPHTpZJvSfdY4hKj1yQB1DmNeXsxKW0jhIikcxagD8qs

澁谷俊彦の立体作品新シリーズ「 White Generation 2019 origin-birth」は、白く塗られた木をつかったもので、プレゼピオ(訳注・キリストが生まれた場面を再現した模型)のように思わせるところもあるかもしれない。事実、この作品はキリスト降誕を描いた作品のように「誕生」について語っているのだ。たしかにごく小さな、そして内在的な生命誕生ではあるが、それは森から採集した木の幹に500個もの球状のプッシュピンを忍耐強く付ける日本人作家が呼び起こしたものだ。そして、生命と美の、途切れることのない、そして時に思いがけない再創造は、希望のメッセージをずっと伝えてゆくものとなる。

 

澁谷俊彦は、風景の変化をテーマとした作品に注力し、それはおもに自然環境のなかに置かれた(公園や、川の辺りなど)、外的要素の介入を最小限にとどめた侵略性のごく少ない作品となっている。最近の作品も、その変容するさまを強調したものだ。たとえば、「White Generation」シリーズの多くは、木のうえに直接プッシュピンを装着することで、表面的には不動の森が、どれほど生命で満ちているか、そして作家が贈り物のように感じている永続的な変化を秘めているのかを強調するものとなっている(その時の記事はこちら)。

 

「Generationシリーズはおもにランドアートではありますが」と、澁谷俊彦はArtboomsに説明する。「今回は、5つのオブジェを制作し、それらを通して新たに生まれ変わる生命のイメージを呼び起こしたいと思っています」

「White Generation 2019」は、まさに、アートギャラリーという人工的なスペースを前にして、こうした変容の記憶を留めるものとなっている。そして出来うるかぎり必要最低限の手法が取られている──木の幹を採取し、白く塗って(冬を想わせるために)、球状のプッシュピンを散りばめるシンプルなものだ。

 

「呼び起そうとしているのは、広がりゆく生命のイメージです。魚や、小さな両生類、軟体生物などによって置かれた卵の堆積、キノコ菌類、さらにはカビなどといったものに、プッシュピンを見立てています」。

 

澁谷俊彦は、日本-フィンランド外交関係樹立100周年を記念してタンペレ(フィンランド)のロンガ・ギャラリーにて1月始めに開催された「ノーザン・アーツ・コラボレーション 2019 -A new Case- in Tampere Finland 日本とスカンジナビアからのコンテンポラリー・アート」において、「White  Generation 2019 origin-birth」を発表しました。

                                                                                                                                        翻訳:橋本尚美/版画家

© Luiza Preda

​© Luiza Preda

OBIHIRO CONTEMPORARY ART 2018 / The Circumstance of Our Art. Exhibition 2018

"River mouth" exhibition

Location "The estuary " which artist chose individually

http://tokachiart.jp/2018/artist/sibuya/sibuya.html

https://www.facebook.com/groups/kakouten/

https://youtu.be/4vA0H9mUgEw

 

- Generation Ⅴ around the estuary - about 1,400m in total length

Toshihiko Shibuya

Location Around the estuary of “Shin-kawa River”

This time, I install many pieces around the "Shinkawa" river mouth.

I was researching about this local history. And I found the unique history.

I am interested in it.

There is the locust mound here, Sapporo.

Migratory locusts travel in vast swarms stripping large areas of vegetation.

First, they traveled from the Tokachi district to here in August,1880.

Then they came every year. Here is the history of the fight with the inhabitants and the migratory locusts. The people fought against grasshoppers in every summer.

The people were not able to win to many grasshoppers.

Finally, the grasshoppers were not born for a cool and rainy summer in 1884.

The power of nature saved people.

 

The theme of my art is “life circulation”, coexistence with nature and symbiosis.

I think that it is best location here.

-Generation Ⅴ around the estuary-「起源・発生」

帯広コンテンポラリーアート2018「河口」展

作品設置場所:新川河口周辺領域(全長約1000m、札幌市手稲区手稲山口~小樽市銭函)

会期:2018年5月20日~

イタリア:アートブームの記事掲載 https://www.artbooms.com/blog/toshihiko-shibuya-generation-installazione-land-art-2018

私の野外インスタレーションの1つの基軸である「Generation(ジェネレーション)シリーズ」を、この新川河口流域で展開します。この地、手稲山口をリサーチした際の「バッタ塚にまつわる歴史」に大いに好奇心を抱き(明治時代、十勝からの大量のトノサマバッタの飛蝗襲来と撲滅までの経緯)、私の表現にはこの土地の歴史が背景となる必然性を見出しました。コンセプトは「生命循環」。私は既存の製品(日常品)を、ある種の法則にのっとって配置することによって、目的の異なるオブジェに変容させます。今回主に用いるマップピンは、ある種の両生類や昆虫が産み付けた生殖卵に見立てます。あるものは倒木の表皮の隙間に、あるものは自生するきのこに寄り添うように、存在させてみました。自然界の姿

そのままに、作品を自然と対置させるのではなく、共存・共生するが如く、ひっそりと設置しました。自らの営みやそれをとりまく環境に出会い直す媒介としてどう機能するかを、改めて問い直します。足元の小さな自然を見つめ直し、人間のこれからの在り方を問うための装置として機能することを願います。

 

「新川河口周辺の歴史・飛蝗襲来」※参考資料文

手稲区の最北端、新川の河口近くにある「手稲山口バッタ塚」。

北海道開拓時代の1880年(明治13年)8月に、十勝地方で大量のトノサマバッタが発生し、札幌にまで飛来。その後、毎年のようにバッタの大発生により大きな農業被害があった。バッタ駆除の方法は、幼虫を追い込んで穴に埋めたり、ローラーでつぶしたり、野原に火をつけたりと。しかし、さまざまな対策に効果は薄かったといいます。

 

1883年、札幌中から集められたトノサマバッタの卵塊を集めて、この地に埋めたものが、今日のバッタ塚です。現存するのは、ここ手稲山口のものだけです。

 

トノサマバッタの卵塊は浅い土の中に産みつけられます。このとき大量発生して、バッタ塚に埋められたトノサマバッタは、私たちが認識している緑色のトノサマバッタ(孤独相)とは異なり、群生相(ぐんせいそう)といいます。

せまい場所に大量のバッタが発生すると、餌が乏しくなり生きていくことが困難となり、そこで、遠くまで飛べる体に変化して、新しい土地を探して旅立つのです。トノサマバッタの相変異は、厳しい自然のなかで生き残るための優れた方法だと考えられています。

開拓者達と自然の驚異との格闘の記憶と記録がここにはあります。

群生相の発生を抑えようと作られたバッタ塚でしたが、決定的な効果はなかったようです。

結局、群生相の大量発生を止めたのは自然でした。1884年の夏は雨が多く気温も低く、卵があまりかえらず、トノサマバッタの多量発生は起きなかったそうです。

 

参考文献:Co STEPウェブサイト、『札幌事件簿 (さっぽろ文庫 (37))』 さっぽろ文庫37 札幌市教育委員会編 北海道新聞社 1986『札幌昆虫記 (さっぽろ文庫)』 さっぽろ文庫52 札幌市教育委員会編 北海道新聞社 1990『黒いトノサマバッタ (わたしの昆虫記)』 私の昆虫記1 矢島稔 偕成社 1998)

Locust Mounds at Teine-Yamaguchi

-Designated historic site of Sapporo-

The Ainu passed down stories of “swarming of locusts” breaking out every few decades in Hokkaido, even before agriculture spread all over the island. The largest outbreak ever recorded occurred in 1880 in the Tokachi district and spread to the Hidaka, Iburi, Shiribeshi, and Oshima districts, causing tremendous damage to agricultural crops through 1885.

These swarms consisted of Locusta migratoria migratoria which devastated the farmers who had just set about reclaiming the land.

The Meiji Government defrayed the expense of controlling the pest, about ¥50,000 a year ,in order to keep the farmers, newcomers to Hokkaido, from abandoning all hope, and also to keep the locusts from migrating across the Tsugaru Straits to Honshu.

At first the Government adopted extermination methods used in the U.S., Europe, the Middle East

which resulted in a number of locust mounds. Now, however, few of these mounds still exist.

The sandy ridges found at Theine-Yamaguchi are example of such locust mounds. It is assumed that an enormous amount of egg casings was collected within an 8km radius of Sapporo and was laid in about 100 rows on the barren sandy ground, probably in 1883. Then each row was covered with 25cm or more sand raked up from the sides of the rows.

In 1967, a part of into area was presented to the City of Sapporo by Tokyo Takuchi Ltd, and it is preserved here now. It was designated a historic site by the City of Sapporo on August 21 ,1978.

 

 

The law of “natural cycles” has begun to be lost little by little. I will question again how my artwork performs as media to re-encounter the environment surrounding me and my life, rather than just placing the artwork to face nature.

I think that this is the device for you to rediscover.

9月23日、約1か月ぶりに新川河口へ行く。台風21号と 北海道胆振東部地震のため、多くの大木が倒れている。

すでに行政によって伐採処理されたものも多い。自分の設置個所をくまなくチェックした。3か所が被害を受け、原形をとどめていない。その1つに驚いた。なんと、ロクショウグサレキンと黄色いビョウタケが繁殖している。直ちに白ピンから、青ピンと黄色ピンの再設置に変更することへ。新たな展開を予感させる。


I found yellow slime molds and chlorosplenium aeruginosum at Shinkawa-river bank. I installed tiny yellow pins and tiny blue pins to nestle close to these. I feel new progress.

WHITE GENERATION 2

 

ポンペツ芸術要塞2017

PONPETSU ART FORT 2017

Date August 5th-20th, 2017

Location The Hobetsu forest of residents in Hokkaido Japan

 

既存のマップピンを、オブジェに変容させました。これはある種の生物の生殖卵の見立てです。会場となった穂別道民の森内に流れる小川の中に、幅約3m長さ約24mにわたり、白のマップピン1100個を設置しました。自然界の姿そのままに、共存共生を意識したものです。会期中、大雨の際は水位が上がり、異なる景色をみせてくれることでしょう。この倒木とその周辺は、人間のこれからの在り方を問うための装置として機能することを目的としています。

 

http://www.artbooms.com/blog/toshihiko-shibuya-installazione-white-generation-2-foresta-di-hobetsu

 

PONPETSU ART FORT 2017 is held in Hobetsu Mukuwa-cho, Hokkaido.

HOBETSU is very famous region because a lot of fossils of the dinosaur are discovered.

http://translate.google.com/translate?ie=UTF-8&oe=UTF-8&u=http%3A//www.town.mukawa.lg.jp/3076.htm&langpair=ja%7Cen&hl=en

This artwork is inspired by the Circulation of the life. By installing 1,100 spherical tiny white map pins on fallen trees with moss in the brook. I evoked images of spawning life.

You will be able to view the impressive landscape, 3 meters in width and 25meters in length with white and moss green harmony.

If heavy rain falls, some pieces on the bottom of the stream will submerge.

The view of the stream will be memories of heavy rain this summer.

Let's enjoy the change of the water level of the stream.

We will be able to view different landscape of rainy and sunny days.

 

The law of “natural cycles” has begun to be lost little by little. I will question again how my artwork performs as media to re-encounter the environment surrounding me and my life, rather than just placing the artwork to face nature.

I think that this is the device for you to rediscove

500m美術館 vol22

「北の脈々- North Line2-」

■開催概要

会期|2017年4月15日(土)〜7月5日(水) AM7:30〜PM 10:00(最終日のみPM5:00まで)

会場|札幌大通地下ギャラリー500m美術館 (札幌市中央区大通1丁目〜大通東2丁目)

主催|札幌市、札幌国際芸術祭実行委員会

 

■「起源・発生 -White Generation-」

■ 澁谷俊彦 Toshihiko Shibuya

https://www.youtube.com/watch?v=qgQJXhKXQ64&feature=share

コンセプトは「生命循環」。私のこの作品は既存の製品(日常品)を、ある種の法則にのっとって配置されることによって、目的の異なるオブジェに変容させます。自然界の姿そのままに、寄り添うように共存共生を強く意識して、設置されます。眼前の小さなオブジェの集合体(2200ピースのマップピン)は19mの白壁にある種の生物に産み付けられた無数の生殖卵、または菌類の増殖、繁殖のさまをイメージしたものです。自然界との繋がりを意識させるこの壁面は、人間のこれからの在り方を問うための装置として機能することを目的としています。                                                       澁谷俊彦

 

The artwork of Toshihiko Shibuya is “Circulation of the life”

This artwork is inspired by the Circulation of the life .By installing 22,000 spherical tiny white pushpins on white wall, I evoked images of spawning life.

The law of “natural cycles” has begun to be lost little by little. I will question again how my artwork performs as media to re-encounter the environment surrounding me and my life, rather than just placing the artwork to face nature.                                         Toshihiko Shibuya

http://www.artbooms.com/blog/toshihiko-shibuya-installazione-white-generation-sapporo-international-art-festival-2017

★Special Thanks (to install)

 

伊藤真輝(札幌デザイナー学院2年) 横山侑奈(札幌デザイナー学院2年)

野呂春菜(札幌デザイナー学院2年) 林元優香(札幌デザイナー学院2年)

山田侑奈(札幌デザイナー学院2年) 長谷川真子(札幌デザイナー学院2年)

内藤 万貴(北海道教育大学 大学院1年) 光永 江里(北海道教育大学4年)

狩野正博  狩野かおり  梅木春香  笠井好美

 

 

今展は2014年に開催した北の脈に続く第2弾として、今年2回目となる札幌国際芸術祭2017の前段としたプレ企画展である。

芸術祭が開催されるまで北海道の美術シーンを牽引してきたベテラン作家から、これから新しい時代をつくっていく若手作家まで、また今展は北海道で既に展示経験やリサーチを行っている道外の作家も招聘し、より幅の広い視点から北海道を見つめ直していく総勢16名による展示を開催する。
 
 今回は特に北海道の自然を生かした野外展示を精力的に行っているベテラン作家や、都市のシステムに介入していく若手作家に焦点を当てた。
 時代の移り変わりと共に作家から作家へとバトンを渡すリレーの現在地の一つの姿が「北の脈-North Line-」であり、次の連なりの始めとなる。

Toshihiko Shibuya ha dipinto la metropolitana di Sapporo con 22mila puntine da disegno

 

L’artista giapponese Toshihiko Shibuya (di cui ho già parlato qui e qui) ha creato una monumentale installazione nella metropolitana di Sapporo (Hokkaido). Nel percorso pedonale sotterraneo della città, per essere precisi ( la “Sapporo Odori 500-m Underground Walkway”).

Una sorta di enorme murale, tono su tono, intitolato “White Generation”; in grado di accompagnare i passanti nella loro frettolosa camminata sotto il suolo cittadino.

E di stupirli, c’è da immaginarlo, visto che per realizzare l’opera Toshihiko Shibuya, ha usato 22mila puntine da disegno bianche. Tutte rigorosamente piccole e sferiche.

“White Generation” è stata realizzata come pre-esposizione del secondo “Sapporo International Arts Festival” 2017 (che durante questa edizione riunirà artisti di Hokkaido e giovani). Ed adornerà l’impersonale percorso pedonale fino al 5 luglio.

 

Metri e metri di camminamento, che oltre a un numero impensabile di puntine da disegno, ha richiesto la collaborazione di ben 12 persone.

 

Il motivo di “White Generation” ricorda lo sviluppo, apparentemente caotico e massivo, ma in realtà di una precisione matematica, quasi categorica, degli elementi naturali più minuti: dal muschio alle cellule.

 

“Con quest’opera- spiega Toshihiko Shibuya-  ho evocato immagini di vita che si espande”.

 

Il colore bianco, se da una parte fa riferimento alla neve (che è quasi un’icona della fredda città settentrionale giapponese e di Shibuya stesso) dall’altra è il simbolo dell’ambiente asettico in cui viviamo.

 

“Stiamo cominciando a perdere la legge dei cicli naturali- continua- poco a poco“.

 

L’installazione, è inconsueta nella produzione dell’artista giapponese che si occupa di Land-Art e normalmente basa il suo lavoro sul paesaggio. Cercando di ridurre al minimo il proprio intervento e di usarlo per potenziare la percezione dell’osservatore.

 

In quest’ottica, “White Generation”, che porta immagini di vita in un luogo apparentemente sterile, in cui il mutare delle stagioni è impossibile da cogliere, diventa una riflessione dell’artista.

 

“Mi domando ancora una volta quanto i miei lavori siano in grado di servire da mezzo per re-incontrare l’ambiente che stà intorno a me ed alla mia vita, piuttosto che limitarmi semplicemente a piazzare l’opera d’arte di fronte alla natura”.

Se non avete in programma un viaggio nello splendido profondo nord del Giappone è possibile rimanere aggiornati sulla suggestiva opera di Toshihiko Shibuya consultando il suo sito internet o seguendolo su Facebook e Instagram.                                                                                                                                        

                                                                                                                                               By ART BOOM

GENERATION Ⅳ – Circulation of the life  起源・発生-生命循環-

■「ヒト科ヒト属ヒト」帯広コンテンポラリーアート2016

会期:2016年10月1日(土)~10月30日(日)

会場: 帯広の森

素材 木製ゴルフテイーに彩色 (1ピース:直径10㎜×高さ30㎜~70㎜ )

約850ピースを用いたインスタレーション(設置面積約 幅700㎝高さ10㎝ 奥行300㎝)

 

”Generation Ⅳ”-Circulation of the life-

Obihiro Contemporary Art 2016  A genus of Hominidae, homo sapiens Exhibition

Date: October 1st~30th,2016

Place: The grassland of Obihiro forest

 

I installed 850 pieces at the foot of big oak trees. These pieces are golf tee. I colored the top of them bright blue. You might look them like mushrooms. The theme of my work is Circulation of the life. In other words these are the symbiosis and the coexistence with nature.

GENERATION 3 (起源・発生)-生命循環-

■ハルカヤマ藝術要塞2015

会期:2015年8月30日~9月27日(10:00am~5:00pm)

会場:小樽市春香町

過去2回と同じ廃墟ホテルの瓦礫壁面にもたれかかる倒木を支持体に3500ピースの青いマップピンを(両生類あるいは魚類の)生殖卵に見立てて、設置しました。「倒木更新」をコンセプトとしています。私の作品は自然と対地させるのではなく、寄り添うように共存共生を強く意識して、設置されます。足元の小さな自然を見つめ直し、人間のこれからの在り方を問うための装置として機能することを目的としています。

■Harukayama Art Fort 2015

Date: August 30th-September 27th, 2015
Place: Harukacho, Otaru, Hokkaido

The artwork of Toshihiko Shibuya is“” -Circulation of the life-
This artwork was inspired by the Circulation of the life (natural cycle). By installing spherical tiny blue pushpins on fallen trees, I evoked images of spawning life.
The law of “natural cycles” has begun to be lost little by little. I will question again how my artwork performs as media to re-encounter the environment surrounding me and my life, rather than just placing the artwork to face nature.

4years ago, East japan had a great earthquake which happened on March, 2011.I lost my ability to create. But I was invited to be one of that years featured artists at Harukayama Art Fort 2011 in September.

This land art exhibition place is the place where a seaside resort hotel was built 40 years ago. It is wasteland here now.

I felt that this scenery is similar to the scenery of The Great Earthquake of East Japan. The run down hotel and the fallen trees gave me a drive to express regeneration, symbiosis, coexistence of nature and human beings.

As a result, I was able to embody this new concept in nature through my work. I installed many small pieces on the fallen trees.

http://landarchs.com/can-art-teach-you-something-about-life/

White Mushroom Breeding Project 3

■Far East Contemporary Art 2014

会期:2014年8月10日~9月14日

会場:北見市留辺蘂 旧大和小学校、おんねゆ温泉街、山の水族館周辺、みどりの森

主催:Far Eastコンテンポラリーアート2014実行委員会

共催:北海道文化財団、北海道新聞北見支社、NHK北見放送局

絨毯用タッグの裏面に蛍光塗料を塗布したオブジェをキノコに見立てました。

単独のオブジェはただの白いキノコですが、互いの傘が重なり合うことで、ピンク、イエロー、レッドの反射光がキノコの傘に表出します。

会場となる旧大和小学校の雑木林に幾つもの切り株があります。その中の5つに「再生」をテーマに500のピースを共存・共生するが如くひっそりと設置しました。異物の挿入(オブジェ)が自らの営みとそれをとりまく環境に出会い直す媒介としてどう機能するかを、改めて問い直します。このインスタレーションは足元の自然と人間との距離を計る(あるいは、繋ぐ)装置の役割を負っています。

■Far East Contemporary Art 2014

Date: August 10th~September 14th 2014

Place: Kitami-city around Rubeshibe
I installed 500 pieces on the tree stumps in the copse in the site of Yamato elementary schoolhouse. The theme of this work is regeneration, symbiosis, coexistence of nature and human beings. I think that this is the device for you to rediscover small nature of under your feet. These are tacks for carpets. The mushrooms, namely the tacks brightly pink, red and yellow colored bottoms displayed vivid colors on the others. It is the green of the moss, the white of the mushroom and bright colors harmony. "Far East Contemporary Art 2014" will be held in Old Rubeshibe Yamato elementary schoolhouse, Onneyu hot springs town and Ymano-suizokukan aquarium from August 10th to September 14th 2014.

White Mushroom Breeding Project 2

■「萌ゆる森」展(札幌国際芸術祭協賛企画)

会期:2014年7月5日(土)~11月3日(月祝)

会場:札幌芸術の森野外美術館、札幌芸術の森野外スペース、関口雄揮記念美術館

主催:札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)関口雄揮記念美術館 北海道新聞社後援:北海道、札幌市、札幌市教育委員会

 

絨毯用タッグの裏面に蛍光塗料を塗布したオブジェをキノコに見立てました。

単独のオブジェはただの白いキノコですが、互いの傘が重なり合うことで、ピンクとイエローの反射光がキノコの傘に表出します。

年々崩れかけている自然の循環(生命循環)の法則に対し、作品を自然と対置させるのではなく、共存・共生するが如くひっそりと設置しました。自らの営みとそれをとりまく環境に出会い直す媒介としてどう機能するかを、改めて問い直します。このインスタレーションは足元の自然と人間との距離を計る(あるいは、繋ぐ)装置と言えるでしょう。

White Mushroom Breeding Project 2

■Sprouting Garden

Date: July 5th-November 3rd 2014

Place: Sapporo Sculpture Garden

 

I have 2 works in the ‘Sprouting Garden’. One is the “Water Pallet”.

Another work is the “White Mushroom Breeding Project”.

-White Mushroom Breeding Project-

The theme of this work is regeneration, symbiosis, coexistence of nature and human beings. I think that this is the device for you to rediscover small nature of under your feet. These are tacks for carpets.  The mushrooms, namely the tacks brightly pink and yellow colored bottoms displayed vivid colors on the others. 

We will be able to view beautiful scenery. It is the green of the moss, the white of the mushroom and bright pink and yellow harmony.

 

http://www.designboom.com/art/toshihiko-shibuya-sprouting-mushroom-sapporo-07-12-2014/

GENERATION 2

■三笠奔別炭坑アートプロジェクト2013

会期 2013年9月21日(土)~11月3日(日)土日祝日の16日間の開催

会場 三笠市旧住友奔別炭坑、積み出しホッパーとその周辺地域

 

(副題、Circulation of the life-2)

今回は生命の起源として、透明なマップピン(丸ピン)を生殖卵に見立てます。ホッパー入口付近には前回には見られなかった2本の倒木があります。倒木の表面には多くのキノコが繁殖しています。わずかな苔も見られます。これらを支持体に、今回は透明なマップピン(丸ピン)を両生類の生殖卵と見立てて、設置しました。あるものは表皮の隙間に、あるものはきのこに寄り添うように、そして、しみ出た樹液か朝露のように 存在させてみました。

■Coal mine Art Project-

Date: September 21st-November 3rd

Place: Pombethu Old coal mine in Mikasa

 

Toshihiko Shibuya Works “Generation”

There are two big fallen trees in the neighborhood of the broken warehouse of the coal mine. There were not these last year.

I think that these fell down by heavy snow of this winter.

Some mushrooms spread on these trees now.

Toshihiko Shibuya Works, “Generation” is inspired by the Circulation of the life (natural cycle). By installing spherical tiny clear pushpins on fallen trees I evoke images of spawning life. Perhaps you may look at them like dewdrops or saps. These pieces are installed to coexist with some mushrooms.

You may not find my work if you stare at the trees from far away.

Please approach to the trees. And, look for pieces. You will find them and small nature. The pins, which are painted hand with luminous paint, glow and shimmer as the light around them changes. The best time for viewing these impressive pieces in the natural environment is in the early morning, late evening or on a cloudy, rainy day. After sunset, the experience is fantastic.

GENERATION-Circulation of the life-

■ハルカヤマ藝術要塞2013

会期 2013年9月8日~10月5日

会場 小樽市ハルカヤマ

 

「ジェネレーション・起源」 “Generation – Circulation of the life”

今回の作品名は「ジェネレーション・起源」です。透明な球体の下層部に夜光塗料を塗布したマップピン(丸ピン)を生殖卵に見立てます。年々崩れかけている自然の循環(生命循環)の法則に対し、作品を自然と対置させるのではなく、自らの営みやそれをとりまく環境に出会い直す媒介としてどう機能するかを、改めて問い直します。

GENERATION-Circulation of the life-

■Harukayama Art Fort 2013

Date: September 8th-October 5th 2013

Place: Otaru-city Haruka

In this installation,” Generation – Circulation of the life”, map pins (round pins) with a transparent sphere, coated with a luminous paint on its lower part, are likened to reproductive eggs, look like “frogspawn”.

After sunset, we will experience fantastic scenery. The objects will be reflected by the light of moonlight and the flashlight.

The law of natural cycles (lifecycles) has begun to be lost little by little. I will question again how my artwork performs as media to re-encounter the environment surrounding me and my life, rather than just placing the artwork to face nature.

White Mushroom Breeding project

 

■ハルカヤマ藝術要塞2011

会期:2011年9月25日(日)~10月22日(土)、

会場:小樽市春香山旧シーサイドホテル跡地周辺

野外でのインスタレーションは雪上での展開ばかりを試行してきたが、今回は真夏のそれも荒れはてた大地。3・11直後の芸術の無力感に苛まされ、制作のスピードも鈍化していた頃この地の下見を重ねるうちに、今の作品設置場所と出会った。元観光ホテルの瓦礫の山と化したまさに廃墟。そこに寄り添うような朽ちた倒木。ここに「共生・共存」をテーマに自然とともに存在するものを作ろう、と発想したのが「ハルカヤマシロシメジ繁殖計画」である。和室に敷く絨毯用の留めピンを彩色加工したものを”きのこ”の見立てとした。全体を白、傘の裏面を蛍光色に彩色を施したものをハルカヤマシロシメジと名付けた。例年にない長雨で倒木周辺は苔に覆われ、オブジェの白色はよく映える。夏の日差しの木漏れ日が差すと、重なり合う白い傘が反射した蛍光色にほのかに染まる。設置したオブジェの数は1000個を超えた。

 

White Mushroom Breeding project

■Harukayama Art Fort 2011

Date: September 25-October 22, 2015

Place: Otaru-city Haruka